上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次に向かったのは、肥後橋の「とまり木」。
ここも前を通るたびに、表の黒板のメニューを見て気になっていたのですが、
中の様子がわからなかったので、未入店でした。

この店も先程の「メロン」と同じく、ここを見ていたら、同じ特集の中で
動画付きで紹介されてましたので、早速入ってみましした。

 



スポンサーサイト
02.19 (Tue) 18:06 [ 居酒屋 ] CM0. TB0. TOP▲

昨年11月に肥後橋にオープンした、meru reru dining meron
(メルレルダイニング メロン)
メルレルって、飲める・食れる・楽める・集れるだそうです。

いつも前を通るたびに入口のこのメニューを見て、気にはなっていたのですが、
潜って入る小さな入口が何ともいえない雰囲気で、
2階の様子がわからなかったので、今まで未入店でした。

偶然、ここを見ていたら、特集の中で動画付きで紹介されてましたので、
早速行ってきました。

えびすという串焼き屋の2階です。
頭のぶつかりそうな右の小さな入口を入って階段を上ります。
 

店内は、カウンター10席ちょいと、数人入れるリビングのような空間があります。
堅いのかと思いきや、実に座り心地のよい椅子です。

メニューは、炭火焼きから色んな国の一品料理、スウィーツまで色んなものがあります。
結構変わったものや初めて聞くものなんかもあります。
多くのものが産地名入りでこだわりを感じます。

まずは、いつものビールで(゜д゜)_□ プハァ~

陶器のコップですので、泡が非常にクリーミーです。

突き出しです。

最初は、一品メニューの一番上にあった「厚切り生ベーコン」です。

これは(゚Д゚)うまぁ~!
あっという間に食べてしまいました。

お店のオススメを聞いたら、「干物を中心とした魚介類の炭火焼きです。」って
意外な答えが返ってきました。
店の雰囲気からして干物とは、思いませんでした。(笑)
では、その中から「福井県産のあじ」

目の前の炭火でじっくり焼き上げてくれました。
居酒屋と雰囲気が違うので、お上品にいただきました。
味はあじの味でした。おやじギャグ?

「淡路産厚切り玉ネギステーキ」

淡路産タマネギは糖度が高いので、非常に甘いです。
醤油ベースの味付けで食べやすくおいしいです。

ここで、いつもの焼酎じゃなくグラスワインにチェンジ。

「トルコ産スミルナ種巨いちじくとスモークチーズの炭火焼き」

目の前の炭火で丁寧に焼いてくれました。
いちじくがジャムのような感じでワインに合います。

いつもと違った感じの店で新鮮でした。
まだまだ食べてみたいものがいっぱいあるので、また寄ります。

 

meru reru dining meron
大阪市西区江戸堀1-8-4 2F
06-6443-9933
17:30~26:00
定休日:日曜・祝日

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。